災害時の安心感が得られ、節電意識も芽生えました

太陽光発電システムを設置して良かったこととしては、まず、
災害時への備えをしているという安心感を得られるようになったことが挙げられます。
もしも災害が起こって電力の供給がストップしてしまった場合、
太陽光発電システムを設置していなければ、電力の供給が再開されるまで、
電力を全く使用できない生活をすることになってしまうでしょう。
東日本大震災の際の計画停電で、電力を使用できない生活の不便さは身に沁みてわかっていたので、とても不安でした。
でも、太陽光発電システムを設置してからは、電力の供給がストップしていても、
通常時と同じようにとはいかないまでも、それなりの電力を使うことができます。
なので、災害時、ただでさえ不安な中で、電力に関しては心配をしなくても良くなるのが、とても嬉しいです。
また、太陽光発電システムを設置して良かったこととしては、
間接的なことなのですが、家族内での電力使用に関する意識が高まったことも挙げられます。
現在、どれくらいの電力を発電しているのか、1ヶ月でどれだけの額を売電できたのか、といったことが、
目に見えて分かるので、電力について意識をしながら暮らすことが増えたんです。
意識するようになってからは、自然と、電化製品や電灯のスイッチをこまめに切ったりするようになったので、
今までだったら無意識に浪費していただろう電力を、かなり節電できるようになったと思います。
使用する電力量を減らせた上に、売電による収入も得られるようになったので、
電気代がかなり節約できるようになったのも、嬉しく感じています。