環境にやさしくさらに経済的で良いことずくめ

最近石油や石炭のようなエネルギー資源の代行案として、太陽光エネルギーが脚光を浴びていますよね。
地球のどこにいても太陽は顔を出すので、地域の限定もないし、環境汚染の心配もない地球に優しいエネルギーが太陽光発電です。
太陽光発電の良い点を簡単に紹介すると
1.一度設置すれば維持費がかからない。
一度設置すれば、太陽が出ている日であればいつも蓄電してくれます。
すなわち、何もしなくても太陽光発電のパネルが一生懸命働いて電気を作ってくれているのです。
2.電気代を節約
原子力発電の問題にからみ、今後当分は電気代の引き上げが避けられない状況です。
自分で発電した電気を使えば、電気代が上がったとしても安心です。
年間で電気代を80%近くも節電できます。
3.電気を電力会社に売ることも可能
使って余った電気は電力会社に売ることが可能です。
自分で使用する電気はもちろん、毎月一定の収入が期待できます。
4.環境にやさしい
太陽光発電は、発電時に汚染物質などが発生しない環境にやさしい発電です。
太陽光発電で作った電気を自分が使ったり、売ったりすることは、すなわち地球を守ることに繋がります。
5.太陽光パネルで夏は涼しく、冬は暖かく
太陽光パネルを設置することで、夏の強い太陽光をパネルが吸収してくれるため涼しく、冬は暖かく過ごすことができます。
6.国や自治体からの補助金
太陽光発電を国家次元で推進しているため、国や自治体からの補助金を受けることが可能です。
太陽電池モジュール、架台、パワーコンディショナー、その他付属機器、設置工事にかかわる費用などについて補助を受けることができ、1kwあたり、3万5千円から3万3千円ほどの補助金が国から出ています。
また、太陽光発電の普及により、設置費用が今後劇的に下がることが見込まれています。
こんなに多くのメリットが太陽光発電にはあります。
皆さんもぜひ太陽光発電を導入してみてください。