今後の安心を考えて

最近は春日井市内の建売住宅でも、当初から太陽光発電パネルの設備がついた物件が販売されているのを見ました。
従来からの住宅の屋根に太陽光発電パネルを設置される所も増えて来ましたが、建売住宅にも最初から!と、見た当初には驚きました。
原発への絶対的信頼感がゆらいだ今後、電気料金が下落することは考えにくい時代になりました。
また、ここへきて、円安によって火力発電のための燃料費が高騰しているのも電気料金の上昇の要因として問題になっていて、ますます安価な電力供給への期待は低くなってきています。
各家庭で発電した電気の買取金を、電気料金に広く上乗せするという事にもなりましたし、太陽光発電による自家発電をして、使用する電気料金の節約はもちろん、売電による収入も期待できそうです。
最近は太陽光のパネルの性能も良くなったので、狭い面積でも従来よりも発電量が多くなりましたし、耐久性も従来より向上していますので、最初に設備投資をしても最終的にはそれ以上の利益が上がりそうです。
そして、春日井市でも、太陽光発電パネルの設置工事などに補助金を交付しています。
そのありがたい制度を利用しない手はないですね。
また、震災で直接的な影響は春日井市方面では無かったとはいえ、テレビ等で震災後の計画停電の様子等を知っているので、いざというときに太陽光発電によって、自家発電ができるというのは、心強い事です。
太陽光発電の弱点は、太陽が出ていない時ですが、今は蓄電池の性能も向上していますし、電気自動車を蓄電池として使用することもできますので、一番電気が必要な夜間にも安心ですね。
今後の生活を考えると、自家発電は重要なキーワードになりそうです。