天気と発電量

太陽光パネルを設置する際にどのぐらいの発電ができるのかが検討課題にあがる場合があります。
太陽光発電システムの購入時に受けることができる各種補助金や、
電力を売ることができる売電制度が実施されたため、
太陽光発電によって元を取ることが可能になりました。
太陽光パネルは気候によって発電量が異なるため、
住んでいる地域の天候をチェックしてみましょう。
比較的暖かい地域や晴れが多い地域だと、太陽光発電に何の問題もありません。
次々と電気を生み出して、その電気を電力会社に販売することで、
お金が大きく戻ってくることも期待出来ます。
導入に躊躇することなく設置できるでしょう。
雪国のケースはどうでしょうか。
太陽光パネルの世界の技術革新のスピードは極めて早く、発電効率も急上昇しています。
そのため、日差しが少ない曇りの天気でも電気を作ることが可能となってきました。
ですから、雪国の場合だと、真冬で太陽光パネルの上に積雪があって、
太陽光パネルが全く見えない状況だと発電量は少ないですが、
太陽光パネルの上に雪が消えてしまえば、発電が期待出来ます。
かなりの豪雪地帯の場合は、ずっと太陽光パネルの上に雪があるため、
冬の発電量だけは少なくなってしまいます。
それでも冬以外の春夏秋の季節は雪国であっても、大きく発電することができるため、
電気料金の大幅な軽減や、また、売電によってお金が戻ってくるということも、
暖かい地域と同じように期待できるでしょう。
料金のことを考えると、発電効率の良い太陽光パネルを設置して、
発電量を大きくすることがポイントです。
太陽光パネルの販売店やサイトではいろいろなシミュレーション表示されています。
自分の地域だとどのぐらいの電気を作ることができるのか、や
電気料金の様子などが見ることができるので、ぜひチェックしてみましょう。
天候が悪いと思っている地域であっても、シミュレーションを見てみると
かなり発電できる地域もあります。